Call Us: 03-3561-4100

三橋 信吾氏

三橋信吾氏

株式会社プルーデント・ファイナンシャル・パートナーズ
常務執行役員 三橋 信吾氏

IFAになったきっかけはなんでしたか?
私は百貨店に勤務していましたが、FPになることを目指して生命保険会社に転職し、その後に総合保険代理店に移りました。その前後からIFAに関する情報を何度か目にしており、「FPの本筋は運用だ」との思いがありました。また、自分自身の早期割増退職金の運用をする必要性に迫られていたこと、たまたま職場で知り合った仲間が既にIFA登録をしていたことなどもあり、IFA登録をしました。
IFAとして活動するうえでのポイントなどお聞かせください
資産運用は「ライフプランに則ったファイナンシャルプラン」を行う手段です。IFAとしての活動とは、お客様にライフプランに則った長期の投資プランの提供であり、その「投資の王道」を推進する事に尽きます。長期の投資は目先の相場変動をさほど気にする必要は無いのですが、やはり実際にはお客様の資産が変動するので、どうしても日々の株価・為替等は気にかかります。リーマンショックも経験したのでその辺りは常に注意を払っています。IFAとして自分の判断で業務を行い、お客様への対応は365日年中無休で行います。その為なかなか気が休まる時がありません。
IFA以外に携わっている業務はありますか?
FPとして相続・税務等の知識を絡めた総合的なプランニングを提供していますので、必要に応じて保険や不動産のアドバイスも併せて行っています。最近はIFA業務が多忙を極めてきたこともあり、自身での保険契約業務は止めて紹介する形にしています。
どういったお客様が多いですか?
在職中の独身の女性、早期退職を含めた退職者など、経済的に余裕のある方が中心になります。現在は新規顧客の拡大というより、「今のお客様の最大の満足」を中心に考えています。
IFAとして、働き甲斐を感じるときはどのようなときですか?
お客様から「三橋さんと出会えて良かったです!」といわれた時です。
運用の成果はとても重要ですが、いい時も悪い時もあります。どのような時でも逃げないで、お客様目線での真摯な対応をとっています。その結果としてお客様から信頼を得られたのだと思いますし、そのような自分の仕事に誇りと自信を同時に感じます。