お客様本位の業務運営を実現するための方針 | PWM日本証券株式会社
Call Us: 03-3561-4100

お客様本位の業務運営を実現するための方針

「皆様とともに成長することが、私たちPWM日本証券の願いです」

PWM日本証券は、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)を通じて、お客様に最適な投資プロセスを提供するために設立された証券会社です。

私たちのビジネスモデルの原点は、「独立性」「長期運用」「誠実公正」です。 お客様の長期的なライフプランにしたがって、ご満足いただける資産運用を考えなければなりません。正しい投資スタイルを追求できるビジネスモデルだからこそ、自信を持って、お客様の視点で行動できるのです。

お客様本位の業務運営を実現し続けることを念頭に、次に掲げる内容を活動の基本方針としていることを皆様にお示しするとともに、定期的に取組内容や状況を確認し、見直してまいります。

PWM日本証券は、顧客本位の業務運営に関する原則(金融庁2017年3月30日公表、2021年1月15日改定。以下「FD原則」)を採択しております。

お客様の最善の利益の追求 – 原則2

当社は、創業以来一貫して、投資信託による長期分散投資・積立投資をお客様に提案しております。社会情勢、経済情勢の変化や経済危機下においても長期分散投資・積立投資はお客様の資産形成に資するとの考えでこの方針を堅持してまいりました。今後も長期分散投資・積立投資が資産形成の基本であることを全役職員に徹底し、お客様の最善の利益を追求するため最適な金融サービスを提供してまいります。

また、直接お客様にアドバイスを提供するIFAともこの考え方を共有し、IFAが独立・中立の立場でお客様にとって最適なアドバイスを提供できる環境を維持、継続してまいります。

高度な専門性と職業倫理を保持し、お客様本位の良質な金融サービスの提供を継続していくことが経済の発展に寄与し、ひいては当社自身の収益の安定性につながるものと考えています。

インベストメント・チェーンの一員としての社会的使命を認識し、お客様の最善の利益を追求することを企業文化として定着させるよう努めてまいります。

利益相反の適切な管理 – 原則3

当社は、「利益相反管理方針」を定めており、お客様の利益を害するおそれのある取引を特定して分類し、管理する体制を整備しております。営業部門から独立した管理部署が利益相反に該当する取引等について管理を行います。

当社のグループ会社から提供を受けた商品を販売する際には、利益相反が発生するリスクがあることからこれらを適切に管理することで、お客様の利益の保護を図ります。

また、当社で新規の商品の取扱を決定する際には、社内で所定の手続きにより十分検討を行い、幅広い商品の中からお客様の投資目的に貢献できる商品を選定します。

手数料等の明確化 – 原則4

当社は、お客様が金融商品のご購入・ご売却の際にそれらの対価以外に、お客様から直接手数料をいただいております。またお客様が投資信託を保有していただいている間、信託報酬を信託財産から間接的にご負担いただいております。これら手数料については、ご購入の際にお渡しする契約締結前交付書面、目論見書、条件書などでご確認いただけます。

ご負担いただく手数料は、販売の際、商品・投資環境の説明および情報提供、事務、購入後の情報提供、運用、管理、指図の実行、運用報告書等各種書類の送付などに加えて、これらを行うIFAへの業務委託にかかわる対価となります。また販売員の教育、人件費に加えてシステムの開発・管理・維持等にかかわる費用等を総合的に勘案した対価です。

今後も、お客様に対するサービスを向上させ、ご負担いただく手数料に更にご満足いただけるよう努めてまいります。

重要な情報の分かりやすい提供 – 原則5

当社は、重要情報シート*1を用いてお客様が投資判断をするために必要な金融商品の基本的な利益、損失その他のリスク、取引条件など重要な情報を提供いたします。その際、お客様の取引経験や金融商品に対する一般的なご見識を考慮し、明確、平易であり誤解を招かぬよう誠実にご説明いたしますとともに、お客様のニーズ及び意向を踏まえた上で合理的な根拠を添えてご提案させていただきます。

ご提案に際しましては、商品の複雑さに応じて丁寧に、また重要性に応じてより重要な情報については特に強調し、同様の商品と容易に比較ができるようなご提案をさせていただきます。 またお取引に際し、利益相反の可能性がある場合は、その内容とお取引に与える影響についてご説明させていただきます。

加えてIFAにおいても、お客様に対して重要な情報を分かりやすく説明できるよう研修や勉強会を通じて実現していきます。

*1: 重要情報シートは、2021年10月以降、主要ファンドから順次ご提供する予定です。

*「FD原則」の原則5に付された(注2)にいうパッケージとして販売・推奨等の取扱はありません。

お客様にふさわしいサービスの提供 – 原則6

当社は、お客様の資産や収入の状況、取引経験、投資にかかる見識を把握し、投資目的や投資ニーズを理解することにより、お客様にとって最適なアドバイスを提供するよう努めてまいります。 また、この姿勢をIFAと共有してまいります。

特定の金融機関に属さず、独立・中立の立場で、長年にわたりお客様との対話を続けられるIFAだからこそお客様の背景や環境、お考えを十分に理解することができ、そのうえでお客様にふさわしいサービスの提供ができるものと考えています。

ご高齢の方や、投資経験が浅い方には、基本的な金融知識が得られるよう、セミナーや個別の対話の機会等を通じ資産形成や資産保全に関する考え方等をお伝えすることにより、お客様の金融リテラシーの向上にも貢献してまいります。

*「FD原則」中の原則6に付された(注2)パッケージとして販売・推奨等および(注3)金融商品の組成については取り扱いがありません。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み – 原則7

当社は、お客様の中長期的な資産形成を支援する勧誘・販売をIFAに推奨、指導していることから、当社の営業員に対する業務上の評価は投資信託の販売手数料等に偏重することなく、預り資産の増加への貢献やコンプライアンス面の姿勢を適正に評価する業務評価体系を構築しています。

また、常にお客様の最善の利益を意識して行動し、最適なアドバイスを提供できるよう、当社役職員及びIFAに対する教育・研修の充実に努めます。

投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI

共通KPIについて

お客様本位の業務運営への取組状況

お客様本位の業務運営への取組状況

重要情報シート

金融事業者編
重要情報シート (金融事業者編)
個別商品編
キャピタル日本株式ファンド
コモンズ30ファンド

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン「Avest-E」
朝日Nvestグローバルバリュー株オープン (資産成長型)「Avest-E (資産成長型)」
キャピタル世界株式ファンド
キャピタル世界株式ファンド (限定為替ヘッジ)
キャピタル世界株式ファンド年2回決算 (分配重視)
キャピタル世界株式ファンド年2回決算 (分配重視/限定為替ヘッジ)
ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド (愛称: ロイヤル・マイル)
ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド (予想分配金提示型) (愛称:ロイヤル・マイル)
モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン (為替ヘッジあり)
モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン (為替ヘッジなし)
ハリス世界株ファンド (毎月決算型)

フィデリティ・米国株式ファンド Aコース (資産成長型・為替ヘッジあり)
フィデリティ・米国株式ファンド Bコース (資産成長型・為替ヘッジなし)
フィデリティ・米国株式ファンド Cコース (分配重視型・為替ヘッジあり)
フィデリティ・米国株式ファンド Dコース (分配重視型・為替ヘッジなし)
フィデリティ・米国株式ファンド Eコース (毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジあり)
フィデリティ・米国株式ファンド Fコース (毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジなし)
ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン

DLIBJ公社債オープン (短期コース)
DLIBJ公社債オープン (中期コース)

ピムコ世界債券戦略ファンド (毎月決算型)・Aコース (為替ヘッジあり)
ピムコ世界債券戦略ファンド (毎月決算型)・Bコース (為替ヘッジなし)
ピムコ世界債券戦略ファンド (年1回決算型)・Cコース (為替ヘッジあり)
ピムコ世界債券戦略ファンド (年1回決算型)・Dコース(為替ヘッジなし)
三菱UFJ海外債券オープン (3ヵ月決算型)〈愛称 四季の恵み(海外債券)〉
グローバル・ソブリン・オープン (毎月決算型)

JPMベスト・インカム (年1回決算型)
JPMベスト・インカム (毎月決算型)