顧客優先に徹すること。
それが、PWM日本証券です。

PWM日本証券のビジネスモデル

PWM's Business Model

顧客優先に徹すること。それが、PWM日本証券のビジネスモデルを支えます。

PWM日本証券は、IFAという独立した立場のファイナンシャル・アドバイザーと提携することで、お客さまの視点に立った資産運用を実践しています。

販売者(金融機関側)の利益を優先させることなく、お客さまの利益に徹することができるのは、PWM日本証券のビジネスモデルがお客さまと長期的なおつきあいをさせていただくことで成り立っているからです。

そのためには、目先の利益にとらわれず、お客さまの長期的なライフプランにしたがって、ご満足いただける資産運用を考えなければなりません。正しい投資スタイルを追求できるビジネスモデルだからこそ、IFAも社員も自信を持って、お客さまの視点で行動できるのです。

独立性

常にお客さまサイドの資産運用をご提案します。

PWM日本証券のビジネスモデルの基本となっているのは、「独立性」です。特定の運用会社との依存関係がなく、独立した金融商品取引業者であるため、お客さまに対しても、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)に対しても、常に中立の立場で接することができます。あえて自社商品を持たず、特定の商品を販売しなければならないという圧力もないため、お客さまの立場に立った商品選択ができるとともに、客観的な基準で投資信託の調査レポートも出せるのです。ライフプランやニーズは、お客さま一人ひとりによって異なります。お客さまの声にじっくりと耳をかたむけて、中立の立場でお客さまにふさわしい資産運用のプロセスをご提案できることは、PWM日本証券の大きな強みです。

長期運用

個人の長期資産運用プロセスをご提案する専門家集団です。

PWM日本証券では、アセット・アロケーション(資産配分)戦略をもとに、長期にわたって、お客さまのご要望に合わせたポートフォリオをご提案いたします。アセット・アロケーションとは、幅広い金融商品を組み合わせて資産を構成することでリスクを抑え、より高いパフォーマンスを出せるよう工夫する投資手法のことです。PWM日本証券の専門家集団は、多様なニーズにお応えできる長期資産運用プロセスをご用意しています。

一方、お客さまの身近には、いつでもIFAというパートナーがおりますので、ライフプランの変化やその後の見直しなども、安心してご相談いただけます。PWM日本証券とIFAの強力なパートナーシップが、お客さまの長期にわたる安心を支えます。

誠実公正

お客さま最優先のコンプライアンスを実践します。

コンプライアンス体制の強化も、お客さまの視点に立ったものです。PWM日本証券のコンプライアンス機能は、金融庁や関係各省庁の承認を得ることや、法令遵守といった枠組みへの対応だけではなく、金融商品取引業者としての「誠実性」を目指すものです。

自ら決定した基準にしたがって自己規制しながら、責任ある行動を実践します。「お客さまに合わない商品は、お勧めしない」という誠実さを持って取り組んでいます。社員一人ひとりが自分の仕事に誇りを持って取り組める体制づくりと、お客さま最優先の誠実公正なビジネスが、PWM日本証券のコンプライアンス機能の本質です。

PWM日本証券とのお取引や契約をご検討いただける皆さまへ

電話または下記のお申し込みフォームよりお気軽にご相談ください。

お電話からお問い合わせ

お取引をご検討のお客さま

代表

03-3561-4100

03-3561-4100

IFA契約をご検討のお客さま

営業推進部

03-3561-4102

03-3561-4102

受付時間

月~金:9:00~18:00

土日祝:お休み

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第50号

確定拠出年金運営管理業 登録番号690